施設内通貨YOKOの活用

施設内通貨YOKOとは、いずみ熊谷内で使用できる通貨のことです。
これまで私どもの法人に来て頂ける利用者様たちと、お話をさせていただく上でQOL(生活の質)を高めるために必要な機能として、「経済活動」を感じていました。

自分たちの働きが通貨という形で手にとることができ、そしてその通貨を使って自らがしたいこと、飲みたいものを飲むなどの欲求を満たすという基本的な動作が脳にも刺激を与え、意欲的に取り組むきっかけになると思います。そこでいずみ熊谷では施設内通貨YOKOを導入しました。
このポイントとして、印刷にもこだわり本物に近づけることでより通貨を得た時の喜びを感じられるよう工夫を施しました。

また、施設の利用者様だけの活用ではなく、ボランティアさんにもこの通貨を活用していただき、より施設の中に活気を生みたいと考えています。

もちろん身体的な状態もありますから画一的な活用だけではなく。

こんなことに使える!

施設通貨YOKOには100YOKO 500YOKO 1000YOKOがあります。
デイサービスのフロアには喫茶スペースがあり、そちらでお茶を飲んでいただく際などに通貨を使っていただきます(今後、メニューはどんどん増える予定です!)。
使える先は徐々に増やしていきたいと考えています。

こうすれば貯められる!

施設通貨YOKOは、様々なことで貯めることができます。例えばリハビリを頑張っていただき目標を達成したら支払われたり、食事のお手伝い、職員のお手伝いなどいずみに来ていただいているなかで「自主的に」行っていただく内容に対してお支払いしますので、それを貯蓄していただき、日々の充実した活動に活かしていただきたいです。

ボランティアの方に関してもボランティアの内容や参加程度によってお支払いをさせていただきます。

ボランティア募集

お客様の声

いずみブログ

各種お問い合わせ
特別養護老人ホームいずみ神川
0274-52-6038
info@oh-izumi.or.jp
〒367-0312
埼玉県児玉郡神川町上阿久原567

-

特別養護老人ホームいずみ熊谷
048-598-5470
izkuma@oh-izumi.or.jp
〒360-0021
埼玉県熊谷市平戸212-1

ページトップへ